タグ:知って得する?パソ話 ( 45 ) タグの人気記事
IEのセキュリティ ダイアログボックス
2015年11月のWindowsUpdate適用後、
Internet Explorerセキュリティのダイアログが表示される場合は、
以下の通りにしてください。

d0111991_1930145.jpg

「今後、このプリグラムに関する警告を表示しない」に✓を入れて、
[許可する]をクリックしてください。
[PR]
by fureai2005 | 2015-11-16 19:32 | トラブルシューティング | Comments(0)
ウイルス対策 アドオンのセキュリティ対策
セキュリティ対策は、できていますか?

●チェック項目
・OSのUpdate(Windows update)
・インストールされているソフトウェアのUpdate(Officeその他)
・有料の製品版 総合ウイルス対策ソフトの導入とUpdate(ウイルスバスターなど)
・ファイアウォール
・ブロードバンドルーターの使用
・アドオンのUpdateトと管理(Adobe Reader、Adobe Flash、JRE)

今回は、一番わかりにくい「アドオンのUpdateと管理」についてご紹介します。

続きを読む…
[PR]
by fureai2005 | 2014-07-08 11:33 | 知っ得パソ話 | Comments(0)
悪質なインターネット入会勧誘
ここ数年、一人暮らしの高齢者を狙った悪質なインターネット入会勧誘の相談が増えました。
それらはすべて電話による勧誘で、「NTTの代理店」を名乗ります。
相談者の100%が「NTTからの勧誘だ」と勘違いしています。
相談内容は以下のようなものです。

●「他社の回線から、フレッツ光への変更」
光回線から光回線に変更しても便利になるわけでもないし、それまで使っていた回線業者やプロバイダへの違約金が発生したり、工事代が5250円かかったりして無用な費用の負担となります。
キャンペーンで発生するキャッシュバックなどが目的でない限りは変更する意味がありません。
それが目的の場合は、価格.comなどから自分で変更しなければキャンペーンメリットは得られません。

●「十分な説明をしないで、追加のオプションに加入させる」

●「WEBメールしか使えないプロバイダに加入させ、後日POPメールサービスのあるプロバイダに追加加入させる」

●「光接続に加えて、LTEや3Gなどの無線プランも別途加入させる」

●「勧誘業者が手続きを代行する」
個人情報を聞き出して、手続きを代行して契約させたりします。

●「不審を感じて取りやめたいと申し出ると、光接続の違約金32000円のほか、プロバイダの違約金等が発生しますと言って、解約させまいとする」



「NTTの○○です」と言うと、大抵の高齢者は信用します。
代理店は代理店にすぎません。
必ずNTTの社員(本体)に連絡をして、経過を説明して直接話し合いましょう。
不当違法な契約に対しては、違約金など支払う必要はなく、解約できます。
返金も可能です。
[PR]
by fureai2005 | 2014-01-29 00:45 | 知っ得パソ話 | Comments(0)
パソコンの機能が低下しています ディスクの空き容量低下
インターネットをしていると、以下のような広告が表示されることがあります。
これらは、海外のサーバーを使ったWEBサイトに多いようです。

一見注意喚起のようですが、広告です。これらの怪しい広告は、当然スペックの高いパソコンを使っていても表示されます。
古いパソコンをお使いで、「そろそろ買い替えかな…?」と思っているユーザーにとっては、ドキッとするかもしれません。
d0111991_21203633.jpg


上記のほかにも、
「スパイウエアが発見されました」
「パソコンを高速化します」
などがあり、中にはMicrosoftの名前が入っていたりするものもあります。

これら表示される広告自体はウイルスではないので、ウイルス対策ソフトを導入していても広告は画面に表示されます。
うっかり これらの広告をクリックして、ソフトをダウンロードしないようにしましょう。


これらの広告は、クッキーやアドオンによって表示さているものと、そうでないものがあります。
特定のWEBサイトの閲覧時以外でもこれらの広告が表示される場合は、何かしらパソコンに侵入しています。
クッキーやアドオンが原因かどうか、確認して削除しましょう。
クッキーやアドオンが原因の場合は、ブラウザを起動したときに表示されます。
これらが原因の場合は、まず下記の方法で削除してみてください。

まず、タスクマネージャを起動(Ctrl+Alt+Delete)して、起動中のプログラムを確認してみます。
不審なものがあれば、プログラムを終了させ、コントロールパネルから削除します。


●クッキーやインターネット一時ファイルの削除方法
ブラウザ(IE)のツール→インターネットオプション→全般タブ→閲覧の履歴の[削除]ボタンをクリック。

以下の項目の チェック を外します。
「お気に入りWEBサイトデータを保持する」

以下の 項目にチェック を入れます。
「インターネット一時ファイルおよびwebサイトのファイル」
「クッキーとWEBサイトデータ」
「履歴」

●アドオンを調べる
ブラウザ(IE)のツール→アドオンの管理 をクリックして、「すべてのアドオン」を表示させ、怪しいものがないか調べます。

☆怪しいアドオンを削除します。
アドオンを、すべて無効にしてもかまいません。


●怪しいプログラムの削除
スタート→コントロールパネル→プログラムのアンインストール から、削除します。


広告のプログラムを、もしも、インストールしてしまったら、もちろん削除しましょう。
[PR]
by fureai2005 | 2013-10-15 22:18 | 知っ得パソ話
中国製のパソコン!
こんな、恐ろしいニュースが…
パソコン生産時にボットネットマルウェアをインストールしておくなんて…。
近年のサイバー攻撃事件を思うと、うなずけるフシがありますね。
もちろん中国製のすべてのパソコンにウイルスが入っているとは思いませんが。


****************
マイクロソフト、中国で出荷時からマルウェアを含むPCを発見――工場でプリインストールか?

Computerworld 9月17日(月)11時50分配信



 米国Microsoftは、中国で出荷時のPCに、強力なボットネット・マルウェアがプリインストールされていたという、驚くべき証拠を公開している。

 中国でマルウェアの調査を行う「Operation B70」が開始されたのは2011年8月のこと。Microsoftの文書では、デジタル犯罪ユニット(DCU)が、中国内の様々な地域から20のブランドのPCを購入し調査をしたところ、そのうち4台がプリインストールされたバッグドア型のマルウェアによって感染しており、そのうち一つには既知の「Nitol」と呼ばれるルートキットが含まれていたという。


 調査チームが、Nitolの活動を追跡したところ、C&C(コマンド&コントロール)サーバが存在していることが明らかとなった。このマルウェアに感染させられたPCが、より大きなボット、おそらくDDoS攻撃を仕掛けるために使われることを突き止めたという。

 USBなどのリムーバブルメディアに自分自身のコピーを残すことによりNitolはプリインストールされていたPC以外にも広がっていく。

 NitolによってC&Cサーバでマルウェアをホストされた場合、マルウェア犯罪者たちにとっては、ほぼあらゆる問題行動が可能となる。キーロガや制御ウェブカメラ、検索設定の変更など、様々なことを犯罪者側が遠隔操作で行えるようになる。

 Microsoftは、長い間マルウェアがPCの製造中、もしくは製造後すぐにPCにインストールされているのではないか、という疑いを持っていたと述べている。

 Microsoftは調査結果を紹介したブログのなかで「特に不穏なのが、輸送、企業間移動などサプライチェーンのどこかの時点でPCにマルウェアがインストールされているということだ」と強調する。

 セキュリティ対策を加える前に、誰かが製造時にマルウェアをインストールしているという状況は、工程の後の方でセキュリティ対策を加えるというセキュリティ・システムそのものを見直さなければらならなくなる。

 加えて、エンドユーザーがこれらによるリスクを回避するには、既知の安全なイメージ・ファイルを用いて、オペレーティング・システム(OS)を再インストールするしかないだろう。

 「Operation B70」は、PCのセキュリティ状態が望ましくない状況に置かれている点を指摘しているとともに、サプライチェーンにおけるセキュリティに疑問を投げかけている。

 Microsoftは、すでに先週前半に、Nitolボットネットに指示するために使用されているC&Cサーバを制御するために米国裁判所から許可を取得したという。
(John E Dunn/Techworld.com)
[PR]
by fureai2005 | 2012-09-17 22:14 | 知っ得パソ話
Flash Player フラッシュプレイヤー
Flash Playerのバージョンが古くて動画が再生できない場合があります。

下記サイトでご確認ください。

Flash Playerのインストール状況をテスト

古いバージョンのFlash Playerをアンインストールする

最新版のFlash Playerをインストールする
※Googleツールバーは不要なので、チェックを外してからダウンロードしましょう。

d0111991_11341125.jpg



Flash Player インストールトラブルシューティング(Windows)


Flash Player サポート FAQ
[PR]
by fureai2005 | 2011-10-08 11:40 | トラブルシューティング | Comments(0)
Windows7 Windows Updateが0%のまま
最近よくある質問です。
特にWindows7において、
Windows Updateが、いつまでたっても0%のまま、ダウンロードが進行しない、というものです。

続きを読む…
[PR]
by fureai2005 | 2011-05-18 17:53 | 知っ得パソ話 | Comments(0)
Word 2010 の 新機能5 「画面のキャプチャー」
パソコンの画面をキャプチャーする場合は、キーボードの「Prt Sc」というボタンを使っていましたが、「挿入」タブの中に「スクリーンショット」ボタンが追加されました。

「スクリーンショット」ボタンをクリックすると、キャプチャー可能な画面がプレビューされるのでクリックして選びます。

d0111991_18583114.jpg




部分的に選択してファイルに取り込むこともできます。

d0111991_18591320.jpg

[PR]
by fureai2005 | 2010-10-25 19:00 | 知っ得パソ話 | Comments(0)
Word 2010 の 新機能4 「画像のトリミング機能が拡充」
従来は、オートシェイプの図形の「塗りつぶし」の中身として、画像を選択していましたが、「トリミング」機能の中にオートシェイプの図形が追加されました。
つまり、
「選んだ図形の中に画像を呼び込む」のではなく、「オートシェイプの図形の形にくりぬく」というカタチでも使えるようになりました。

縦横の構成比を、ワンクリックでメニューから選んで設定することもできます。

d0111991_18551338.jpg

[PR]
by fureai2005 | 2010-10-25 18:56 | 知っ得パソ話 | Comments(0)
Word 2010 の 新機能3 「画像に効果をつける」
画像にいろいろな効果をつける

●挿入した画像にいろいろなフレームを追加することができます。
d0111991_2074580.jpg



●画像の背景を削除することができます。
d0111991_2091340.jpg


d0111991_2093752.jpg



●画像のシャープさやコントラストを変更できます。
d0111991_20102727.jpg



●画像の色やトーン、色そのものを変更できます。
d0111991_20114436.jpg



●画像にアート効果をつけることができます。
d0111991_20131662.jpg

[PR]
by fureai2005 | 2010-10-24 20:15 | 知っ得パソ話 | Comments(0)