カテゴリ:トラブルシューティング( 4 )
IEのセキュリティ ダイアログボックス
2015年11月のWindowsUpdate適用後、
Internet Explorerセキュリティのダイアログが表示される場合は、
以下の通りにしてください。

d0111991_1930145.jpg

「今後、このプリグラムに関する警告を表示しない」に✓を入れて、
[許可する]をクリックしてください。
[PR]
by fureai2005 | 2015-11-16 19:32 | トラブルシューティング | Comments(0)
Flash Player フラッシュプレイヤー
Flash Playerのバージョンが古くて動画が再生できない場合があります。

下記サイトでご確認ください。

Flash Playerのインストール状況をテスト

古いバージョンのFlash Playerをアンインストールする

最新版のFlash Playerをインストールする
※Googleツールバーは不要なので、チェックを外してからダウンロードしましょう。

d0111991_11341125.jpg



Flash Player インストールトラブルシューティング(Windows)


Flash Player サポート FAQ
[PR]
by fureai2005 | 2011-10-08 11:40 | トラブルシューティング | Comments(0)
IE7への自動更新開始
マイクロソフト社は、2008年2月13日から、いよいよ「Internet Explorer 7日本語版」への自動更新を開始します。
Windows XP(SP2)/Server 2003(SP2)が対象です。

日本では、IE7への移行によって利用できなくなるWebサービスがあることを考慮して、これまで自動更新での配布は見送られてきました。
 
2月13日から自動更新による配布が開始されると、通常の自動更新と同様にデスクトップ上で告知のメッセージが表示されます。
しかし自動的にインストールは行われず、IE7をインストールするかどうかをユーザーが選択できます。

一度インストールしても、アンインストールすればIE6に戻せますので、インストール後に何らかの不具合が生じた場合(動画や特定のサイトが見られなくなったなど)は、元に戻せます。

IE7の自動更新配布の詳細については、マイクロソフトの告知サイトで確認できますので、ご確認の上、ご自分の判断でインストールして下さい。

(告知サイトへのリンクは、「トラブル解決リンク」内にもリンクしてあります。)



[追記]2009年2月
Windows XP をお使いのユーザーは、IE6のままのほうがトラブルが少ないようです。
自動配布等で、IE7がインストールされたのち、不具合にてIE6に戻しても、一部の機能は元に戻りませんので、IE6のままご使用することをお勧めします。


マイクロソフト告知サイト


更新メッセージ画像
[PR]
by fureai2005 | 2008-02-04 20:31 | トラブルシューティング | Comments(1)
前会長からのメッセージ
前回のサークル、前会長のお話のコーナーで、下記のご質問がありました。
前会長さんから、メッセージが届いており、そのまま載せます。ご参考にしてください。


「買った商品と別の物が送られてきた。。。こういう場合どうすればいいの?
 それを事前に知る方法はないの??」



事前に知るには、自分で調べるしかありません。
「Yahoo!Japan」等のサーチエンジンで、
「悪徳商法」等のキーワードを入力して、
情報提供サイトを見つけ出し、
そこから情報を得るしか無いと思われます。

警察や消費生活センター等で情報提供されているかもしれませんので、
そういう所へ問い合わせるのも1つの手段であると思います。

万が一、悪徳商法に引っかかってしまった場合には、
ただ泣き寝入りするのではなく、
早急に消費生活センターへ赴いてご相談されるか、
クーリングオフが可能なら
クーリングオフを行って契約を解除する等の手段を取られるのが
最良であると思われます。

消費生活センターなら、電話で相談することも出来ますし、
弁護士に相談するのと違って「無償」ですから、
恥かしいなどと思わずに積極的に利用されるのがいいと思います。
[PR]
by fureai2005 | 2007-05-30 23:02 | トラブルシューティング | Comments(0)