救助されたコアラ
オーストラリアの山火事で、火傷を負ったコアラに水を与える消防士の画像が話題になっています。

コアラにペットボトルから水を与えているのは、ボランティア消防士のデイブさん(44歳)。
コアラは、デイブさんらが駆け寄ってもほとんど動かず、差し出されたペットボトルから水を飲み続けました。
保護されたメスのコアラは「サム」と名づけられ、現在火傷の治療を受けています。

「驚いたのは、サムが腕を上げて私の手をつかんだことでした。私は生涯この瞬間を忘れないでしょう」

両手両足に受けたサムの火傷は、全治7~8ヶ月とのことです。


[PR]
by fureai2005 | 2009-02-12 20:56 | コネタ | Comments(0)
<< YouTube動画が視聴できない 子守をする犬 >>