ゴン太君 追悼
ゴン太君は、2011年5月6日に、
福島第一原発20キロ圏内の双葉郡楢葉町(ならはまち)で保護されました。
自分は穀粉で飢えをしのぎ、重傷を負いながらも野生動物から家畜を守り続けていました。

その後7年間は幸せに過ごし、2018年3月10日、17才で虹の橋を渡りました。

ありがとう、ゴン太君。
忘れないよ。

[PR]
by fureai2005 | 2018-03-19 22:01 | コネタ | Comments(2)
Commented by よろずや at 2018-03-21 14:35 x
ゴン太君、拝見させて頂きました、ジン と来ました
ありがとう ございました。 
Commented by fureai2005 at 2018-04-08 02:13
コメントをありがとうございます。
原発は、一たび事故が起これば被害は甚大で、取り返しのつかない大きな被害をあらゆるものに与えてしまいますね。
もの言わないだけに、動物は可哀想です。
<< 飛行機の翼に猫が乗っていた! The Beginning -... >>