Windows7 Windows Updateが0%のまま
最近よくある質問です。
特にWindows7において、
Windows Updateが、いつまでたっても0%のまま、ダウンロードが進行しない、というものです。



近年、パソコンに余分な電気が帯電して動作が不安定になる、という現象がとても多いのは、なぜでしょう?
パソコンが安くなったことと関係あるのでしょうか?部品???

原因はさておき、一般的な対処法を紹介します。


●うっかりミスの確認!
Windows updateの画面の裏に、Internet Explorerか、サービスパックの個別インストールのダイアログボックスが表示されていないか、確認しましょう。
表示されている場合は、まずそれをインストールしましょう。

●ウイルス対策ソフトを終了してからWindows Updateを実行してみる。

●パソコンを放電する。
シャットダウンし、アダプタ、マウスのUSB、LANなどすべてのコードとバッテリを取り外して2~3分待ってから接続しなおします。

●ADSLなどのモデム(インターネット関連機器)を放電する。
電源を切り、すべての接続を取り外して、2~3分待ってから接続しなおします。


多くの場合は、上記3つを試すと解決されます。




◆上記を試してもうまくいかない場合
ウイルス対策ソフト以外の常駐ソフト(PCを立ち上げたときに自動起動してくるソフト)を停止してみます。
スタート→すべてのプログラム→アクセサリ→ファイル名を指定して実行→「Msconfig」→システム構成→スタートアップで、常駐ソフトの種類が分かりますが、中身が分からないユーザーは、メーカーに問い合わせてサポートしてもらうことをお勧めします。

※メーカーによっては、「Windows Updateに関しては、Microsoftに問い合わせてください」というサポーターもいますが、まずはPCメーカーに問い合わせることをお勧めします。
[PR]
by fureai2005 | 2011-05-18 17:53 | 知っ得パソ話 | Comments(0)
<< 福島原発事故当時の東京の放射線... 大きな空の風景 >>